ヨコチューとは

横忠の取り組み
創作巻き寿司×ハツシモ

穀商 横忠は、「ハツシモ」を、ひとりでも多くの方に楽しんでいただけるように、様々な企業様と一緒になり発信していきます。その1つが、岐阜で活躍する創作巻き寿司研究家の小栗けいこ先生とコレボレーション。岐阜県のマスコットキャラクターの「ミナモ」を使った「ミナモ巻き」で岐阜県のお米を若い世代へPRしています。

岐阜県では平成19年15,318t収穫。平成24年の収穫量は22,976tと米の生産は増えているが若い世代の米の消費が減っているという現実があります。そこで、お米の持つ本来の価値をお客様に感動的に伝えていきたいとの想いで、お米離れが進んでいる若い20代、30代の主婦層をターゲットに岐阜県のお米をPRしていくことを考えました。

そこで、ハツシモを楽しんで食べてほしいという願いを込めて、寿司によくあう「ハツシモ」を使った様々な創作巻き寿司レシピを提案しています。そのレシピは、『創作巻き寿司ダイニング はつしも』としてWEBで公開し、発信しています。このサイトには「ハツシモ」を使った創作巻き寿司のレシピが数々登場し、子供のお弁当や運動会、催し物や家で行うホームパーティーで楽しめるような創作巻き寿司を使った料理を紹介しています。

さらに、1か月に1度、横忠主催で小栗けいこ先生による、創作巻き寿司教室を行っております。主婦の方、親子連れの方を中心に、好評いただいております。

今後、「米穀商 横忠」として、岐阜県のさまざまな企業や岐阜の特産品と協力をしながら、地元のものを首都圏に発信していきたいと考えています。

PAGE TOP